とにかく多くの人に宣伝したい」という場合に使用されるのが「チラシ」です。みなさんが一番目にするのが新聞折込チラシではないかと思います、現在ではチラシ自体に加工したり、サイズを大きくするなど、色々な工夫をすることで、お客さんに商品やイベントの告知をするのに活用されています。 
折込チラシ 軽印刷 皆様のお宅にも必ず入っている折込チラシ。小さいものから大きなものまで印刷できます。 PRチラシ 簡単な商品案内や会社案内など、営業担当者の方が使う一枚のチラシです。 ポスティングチラシ ポスティング用のチラシとして丸めたり、折り曲げたりしてポストからはみ出て見えるようにすること可能です。 
チラシデータを入稿するだけで、ユーザーに向けて電子チラシをPush配信でお届けするサービスです。PC、モバイル(フィーチャーフォン、スマートフォン)およびTVなど様々なデバイスや連携サービスへ一括で配信が可能です。 「届く先」がちがいます 従来の紙の折込チラシでは届けることのできない新聞無読層や折込エリア圏外へも届き、生活者へ大切なメッセージをもれなく届けることができます。 
折込チラシ「届け方」がちがいます 折込チラシが毎日ポストに投函されるように、電子チラシでも自分用の新鮮な情報が毎日、自動配信(Push配信)で手元に届きます。PC(ガジェット)、フィーチャーフォン、スマートフォン(アプリ)およびTVなどへもPUSH配信で新着チラシをお届けします。 「確かさ」がちがいます 
「配布枚数はわかるが、実際に見られた数は分からない」折込チラシとは違い、明確にチラシを見たいという意思を持っているユーザーがチラシ画像を完全に表示し、確実に見た状態をカウントする「チラシPV」※という新しい概念を提唱します。 さらに、「見られた分だけ」「来店した分だけ」支払う成果に連動した成果連動型の料金体系を採用。本サービス利用企業は、合理的な費用で電子チラシを発信できます 価格もリーズナブルで、 「電子チラシお届けサービス」 
【初期費用】 企業登録費:10,000円/企業 店舗登録費:500円/店舗 【月額費用】 (1店舗あたり) チラシ閲覧費:1,000円~/店舗 
※対象月の2ヶ月前の閲覧数が月間100閲覧まで1,000円 以降、101閲覧以上につき@10円/店舗 ※導入月を含まず2ヶ月間無料(最大3ヶ月無料、1企業1回のみ) ※上限金額 店舗あたり月額20万円(1店舗 月間20,001閲覧以上はカウント対象外 
「○○新聞」と新聞社名が入っていれば「その他の新聞?雑誌広告」として扱います。 という回答でした。 (地域の公取協によっては異なる判断をするかもしれません。※免責事項をお読みください)。 
http://colortracjapan.jp/marketing/ しかし、この見解は形式的すぎるように思います。 体裁、内容、配布方法は折込チラシと変わりないですからね。 チラシ業者に不利益を及ぼすと思います。 必要な表示事項に関しても、お伝えしたいことは、まだまだたくさんありますが、いったんはこの辺で。